読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命は投げ捨てるもの

いろんな方向に喧嘩を売っていくスタイル

定期的にしていかないと流されてしまう貧乏飯考察

ひとりごと グルメ 自炊 日記 備忘録

今のメインは炊飯器鍋と半額惣菜での二本柱

 

炊飯器鍋はだいたい一食で300円行かないくらいかな

キャベツ、豆腐、豚肉、出汁、足りなければ御飯とチーズ

 

半額惣菜も同じくらいかな

こっちはおかずの選定と御飯の量で抑えられそうな気もする

 

今ここに入れようか迷っているものがある

まあ炊飯器鍋の亜種といえばそうなんだが

 

パックのおでんタネ

 

寒いからね

コンビニおでん好きなんだけどセールでないと買わないし

セールとは言え色々見繕ったらそこそこの値段になるし

じゃあ、と思って行き着いたのがパックおでん

 

税抜きで298円だからまあ今の水準は維持できそうなそうでもないような

問題は量と味なんだよな

 

今は種類もいくつかあって

普通・味噌・静岡

これにPBも含めればバリエーションは豊富

問題は量と味なんだよな・・・

 

今やってる炊飯器鍋の面倒くさい所は

やっぱり具材をぶち込む所

でもおでんパックなら封を切ってそのままドボンできそう

多分それで良いはず

でボタンを押せば45分後くらいにはアツアツおでん

片岡鶴太郎も逃げ出すくらいの

 

物によっては常温保存出来るっぽいし

この冬はありなんじゃないかと思えてきた

 

できれば一ヶ月の食費を15,000円以内に抑えたいのよね

はてさてどうなることやら